クラブフロア―体験記

おはようございます!

今日は雨の朝です。たまにお湿りがないと喉の為によくありませんから私には今日は「恵みの雨」でございます。

本日は「三都物語」の続きをお届けいたします。
実は今回はクライアントさんにリッツカールトン大阪にご招待頂いたのです。しかもクラブフロアという特別なサービスのあるフロアに部屋を取って下さっていたのです。最高のおもてなしで知られるリッツカールトン、しかもそのリッツのクラブフロア!期待に胸を膨らませながら大阪に向かいました。

15時過ぎにホテル到着!まずびっくりしたのが、車寄せに駐車している車の車種、フェラーリ・ベンツ・BMW・ポルシェ等々全て外車。「いったいこのホテルは何者?」って言うくらい!翌日、京都でお会いした社長に伺ったらそのスペースは年間契約をする場所らしいとのこと。因みにその社長の車もフェラーリでした。笑。

入る前からショック(?)を受けつつ中へ!
まさに夢の世界への扉を開けたよう。きゃ~素敵!!
どこもかしこも「ここは、ロンドン?それともパリ?」と思えるような内装で、ヨーロッパ好きの私にとって本当に心地よい空間なのです。

そして、クラブフロアへ。チェックインも一般のフロントではなく34階にあるクラブフロアで行います。
ちょうど、ラウンジはアフタヌーンティータイム。コンシェルジュが席に案内してくださり、お茶を頂きながらチェックインの手続きです。
実はこのラウンジはアフタヌーンティーだけでなく下記の5回のフードセッションがあります。
7:00 a.m. ~ 10:00 a.m.朝食
11:00 a.m. ~ 2:00 p.m.お昼の軽食
2:30 p.m. ~ 4:30 p.m.アフタヌーンティー
5:00 p.m. ~ 7:30 p.m.夕食前のオードブル
8:00 p.m. ~ 10:00 p.m.ナイトキャップ&デザート
ということでこの際だからと、私は全部のセッションを楽しんでまいりました。笑。
しかも、アルコールもフリーなので、私はアフタヌーン・夕食前・ナイトキャップと3回も大好きなスパークリングワインを頂いちゃいました。

スタッフの心配りも最高で、常に居心地のよい環境を提供して下さいました。
私はすっかりスラブフロアファンになってしまい、次回は自腹でもここに泊ろうと一大決心をしたのでした!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

クラブフロア―体験記 への8件のコメント

  1. みこ より:

    おはよう
    凄いホテルですね〜
    私は多分ビビッてしまって
    落ち着かないかも(笑)
    何を着て行ったらいいのかも
    わかりませんしね。
    私は普通でいいわ(^O^)
    でも目の保養にはなりますね。
    金持ちはいるんだねー(≧∇≦)
    (素直な感想)(^ー^)ノ

    • GreenVoice より:

      みこちゃんおはよう!みこちゃんなら緊張なんかしなわよ。だって、飛行機はビジネスクラスしか乗ったことがない人なんですからね!笑。そうそう、世の中は計り知れないほどのお金持ちさんがいるものです。

  2. みこ より:

    そうでした。
    わたしは海外へは
    全部ビジネスクラスに
    乗せて頂いています。
    有り難や有り難や(^○^)
    不思議と緊張はしません。
    なにしろお隣さんは
    英語は話せるし、良く食べるし
    直ぐにグーグー寝ちゃうし
    私は凄ーく楽ですo(^▽^)o

  3. あっきー53 より:

    オー!ミドリーヌ
    こんばんは(ここだけ大阪弁で・)
    これはリッツカールトンの
    プロモーション用の写真でしょうか!!

    • GreenVoice より:

      あっきーさんこんばんは!(アクセントは大阪弁のつもり)!リッツカールトンのクラブフロアに是非なにかの記念日に止まってみてください。感激しますよ!

  4. エンチャン より:

    みどりさん 今晩は。
    素敵なホテルライフを体験して来ましたね。
    みどりさんにはぴったしのホテルですね。
    良いクライアントさん持って良かったですね。

    • GreenVoice より:

      エンチャン今晩は!大阪だけではなく翌日は京都でもいいクライアントさんが京都観光に肉食にそして素敵なホテルにご招待して下さいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>