一人の手

おはようございます!

数年前に「鎮魂と希望コンサート」でも歌わせて頂いた「一人の手」という歌が私は大好きです。
メロディーも歌い易くていいのですが何と言っても歌詞に共感を覚えるからです。
歌詞はこういうものです。
♪ 一人の小さな手 何もできないけど
 それでもみんなの手と手を合わせれば 何かできる 何かできる

「鎮魂と希望コンサート」に毎年いらして下さるお客様からは「自分だけでは被災地に義援金を送るということはできないけれど、このコンサートに来ると言うことで被災地支援を続けているという気持ちを持てるのでありがたい」とおっしゃって頂いていますが、この言葉はまさにこの歌詞の通りだと思います。

私は昨日、「鎮魂と希望コンサート」の会場をお借りしている大船教会の牧師さんはじめ数人の教会員の方々と先の台風で被災した千葉県の「かにた婦人の村」にボランティアに行ってまいりましたが、昨日もまさに「一人の手は小さいけれどみんなの手が集まれば何かできる」ということを実感してまいりました。
男性陣は倒木をチェンソー・ノコギリ・ナタなどを使って処理するお仕事を、私たち女性はなぎ倒された木々を焼く作業(非常時なので特別な許可を取っている)をしました。
山と積まれた木々を見た時は「え、こんなに!いったいどれだけできるだろう」と茫然としましたが、黙々と枯れ木を運んでは燃やす作業を続けました。
作業中風向きが急に変わって前髪とまゆを焦がしてしまいましたけどね。笑。
そして、終わってみれば山は半分くらいになっていたのです。
被災地でのボランティアの皆さんの活動をテレビなどで見ると「皆さん凄いな。でもどうせ自分なんて何も役に立たないだろう」と思ってしまいがちですが、必ず役に立つことがあるのでとにかく行動するということが大事だということを改めて感じた貴重な一日でした。

カテゴリー: フォト日記 | 7件のコメント

やっぱり日本の食べ物は美味しい

おはようございます!

普通なら海外旅行に行く楽しみの一つに「食」もあると思うのですが、これまで私は海外に行って「あ、これ美味しい!」という食べ物に出会ったことが一度もないような気がします。
それは、恐らく、その食べ物自体が不味いのでは決してなくて、味が我々日本人の舌に合わないからなのだとは思っています。
今回のイタリアでもそうでした。日本で食べるイタリアンは美味しいのに本場で食べたイタリアンは全く美味しくなくて、「早く帰って日本で美味しいイタリアンを食べたい!」と切に願っていたのです。笑っちゃうでしょ?

ということで、昨日は美味しいイタリアンへ!と言いたいところですが、昨日は美味しい中華を食べに行きました!
このお店はシェフをしている知人お薦めオーダーバイキングの店。
安くて美味しいので昨日も思いっきり食べちゃいましたぁ~。ああ満足満足。

さて、今日は千葉県の被災地にボランティアに行ってまいりますので、これにて失礼いたします。

カテゴリー: フォト日記 | 2件のコメント

イタリア旅行~ローマ編~


おはようございます!
昨日の日中は長袖シャツ1枚でもいいくらいでしたが、今日は寒くなるとの予報ですね。

さて、今日はイタリア旅行のローマ編をお届けします。

今回で5回目のイタリアですが。ローマは3回目。しかも、今回の前に行ったのはもう20年くらい前になるのでほとんど覚えていないのです。
ですから、見るもの聞くものが全て新鮮に映りかえってよかったかもしれません。
14日に無事に仕事が終わったので、15日は皆さんとローマ市内観光にご一緒しました。
まず向かった先はコロッセオなのですが、その壮大な姿が目に飛び込んで来たとたん不思議なことに涙が出て来たのです。ひょっとしたらその昔私は奴隷で、この建設にかかわった一人だったのかもしれませんね。

コロッセオの後は真実の口~トレビの泉~スペイン階段といわゆる王道のコースを回りましたが、残念ながらヴァチカンには行けませんでした。残念!
でも、ローマは街自体が芸術作品のようなものですから街を歩いているだけで満足でした!

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

ローマの休日?

おはようございます。

昨日無事にイタリアから帰国しました。
今日は「イタリア出稼ぎ旅行記」の第1弾をお届け致します。

いつもイタリアは5~6月に行くので天気もいいしお花もいっぱい咲いていて綺麗なのですがこの時期はあまり天気も良くないし何となく暗い感じでした。
やっぱりヨーロッパに行くなら5,6月がお薦めで―す!
でも、今回の目的はお仕事ですからそれが無事に終わればそれで満足なのですが、それが本当に「ヤッター!」という感じにバッチリだったのでーす。

私は司会の時には衣装にもこだわるのですが、今回の会場は昔貴族のお屋敷だったところを使うと聞いていたので、今回の仕事が決まった時から「衣装とヘアスタイルはこれだ!」と決めていたのです。それは映画「ローマの休日」のアン王女風!
私のその作戦は見事に大当たりで、皆様にもとっても喜んでいただけ会場を盛り上げることができたのです。
また、弦楽四重奏の女性グループが入っていたのですが、最後にイタリアの代表曲「フニクリフニクラ」を演奏してくれたので、その時は歌うという大サービスもしてしまいました!

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

ローマ出稼ぎ旅行

おはようございます!

明日からローマに仕事で行ってまいります。つまり、又しても出稼ぎ旅行です。
4泊6日の日程ですが、お仕事は一日なので観光もできそうで楽しみ~。

イタリアは今回で5回目ですが、ローマに行くのは3回目なのです。
なので、一日はローマ市内、一日はバチカン市国そしてもう一日はちょっと足を延ばしてフィレンツェに行く予定にしています。
いずれも、たくさんの芸術作品に出会えるので(というか街自体が芸術作品のようですが)今からワクワクしています。

帰国は18日ですので、19日には旅行記をお届けできると思っています。

では、行ってまいります!
チャオ!!

カテゴリー: フォト日記 | 7件のコメント

レオナルドが素晴らしかった

おはようございます!

「ハプスブルク展」の番組は見逃しましたが、昨夜の「レオナルドダヴィンチ」の番組は正座をしてしっかり観ました。
レオナルドの作品に関してはいろいろ謎が多くてまさにミステリーと呼ばれることの意味がよくわかる内容の番組でした。
それにしても絵画の世界でも高度な科学技術が用いられて深く研究されている事には驚きました。
原田マハさんの小説にはそういった研究の話もよく出てくるのですが、実際に映像で見るとその素晴らしさがさらに良く伝わってきました。

今週行く予定のフィレンツェのウフィツィ美術館にもレオナルドの作品は数点あるのですが、パリの〈ルーブル美術館〉で現在開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ』展は没後500年を記念する大規模回顧展ということで同館が所蔵する5点の着彩画に加え、世界中の美術館から貴重な作品を集められているので、ひょっとしたらウフィツィ美術館の作品もルーブルに出張(?)していて見られないかもしれません。特に《受胎告知》が見たいのになかったらガックシで―す。

カテゴリー: フォト日記 | 4件のコメント

「ハプスブルク展」がすごいらしい

おはようございます!

芸術の秋。
上野では各美術館で華々しく有名どころの展覧会が開催されています。

国立西洋美術館では「ハプスブルク展」、都美術館では「コート―ルド美術館展」そして上野の森美術館では「ゴッホ展」とどれもこれも見逃せないものばかりです。
私は「コート―ルド美術館展」だけはすでに行きましたが、あとの2つは最近始まったばかりなので混雑を予想してまだ行っていないのですが、この3つに行ってきたというO氏から昨日メールが入りました。
勿論全て素晴らしかったようですが、特に「ハプスブルク展」は絵画だけではなく衣装や宝石なども展示されていて息をのむようだったそうです。
西美のHPによれば

13世紀後半にオーストリアに進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占し、同家がオーストリア系とスペイン系に系統分化した16-17世紀には、後者がアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有したことにより、まさに「日の沈むことのない帝国」となります。
ハプスブルク家の人々はまた、豊かな財とネットワークを生かして、質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られます。このうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による収集品の主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世肝煎りで1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となりました。オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点、5章7 セクションによって、そのコレクションをご紹介します。個性豊かなハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行いつつ、時代ごとに収集の特色やコレクションに向けられたまなざしのあり方を浮き彫りにしていきます。

と紹介されています。
これはもう「行くっきゃない!」ですね!
O氏は14時過ぎに行ったらあまり混雑していなくてゆっくり鑑賞できたとおっしゃっていましたので、私もその時間以降に行こうと思っています。

カテゴリー: フォト日記 | 5件のコメント

しみる~

おはようございます!

今朝5時半頃に外を見たらまだ真っ暗でした。12月の冬至までまだまだ明るくなるのが遅くなるのですね。

昨日は19時頃に虎ノ門で打ち合わせが終わり新橋駅に向かって歩いていると目に飛び込んで来たのが牛タン屋さんの看板!
それも、私が数十年前に初めて仙台の牛タン焼きに出会った「太助」なのです。
「うわ~懐かしい!」と、迷うことなくお店に突入しました。

そして熱々のテールスープを頂いた瞬間「う~、しみる~!」。
熱々のスープはこのところ辛いこと悲しいことが続き折れていた心にまでしみてきました。
やっぱり人間は食べなくちゃ、心も体も元気になりませんね!

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

本日はブログをお休みさせて頂きます

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: フォト日記 | コメントをどうぞ

貧すれば鈍する

おはようございます!

「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、ここ数日この言葉を実感しています。
悲しいことだけれどやっぱり利口な人でもこの言葉のようになってしまうのですね。
せめて自分はたとえ貧しても「ボロは着てても心は錦」でいたいと思っています。

さて、今日は鎌倉の古民家懐石料理店でMえさんとランチを楽しんできまーす!

カテゴリー: フォト日記 | 4件のコメント