珍味!からすみスパゲッティ


おはようございます!

皆様は「からすみスパゲッティ」を外で召し上がったりご自分でお作りになったことはおありですか?
おそらく多くの方は「ないです」とお答えになると思います。
実は、かく言う私めもこれまでなかったのです。
時々食べに行く「洋麺屋五右衛門」にも「紅ズワイガニと海老と本からすみのアーリオオーリオペペロンチーノ」というメニューがあるのですが、私はいつも「明太子と辛子高菜の博多風」を食べてしまうんです。
だからと言って「じゃ、自分で作ろう!」ということにもならないのです。
というのは、「からすみ」は高級珍味で一腹で3,4千円くらいするので、いくらスパゲッティ好きのミドリーヌでもそれをわざわざ買ってまではねぇ~。

でも、「食べてみたいけど食べられない」というミドリーヌの願いが叶う日がついにやってきたのです。
そう!「からすみ」をゲットしたんです。しかも、手作りのものです。
かつて料理好きのマダムから「からすみ」を作るのはどれほど手間がかかるかを聞いたことがありますが、今回はHるちゃんから「友人が作ったのよ」というものを頂いたんです。

最初は薄く切ってお酒(といってもノンアル缶チューハイですが)のおつまみとして食べていたのですが、「そうだ!なかなか食べられない”からすみスパゲッティ”を作ってみよう!」と相成ったのございます。

「五右衛門」の真似はしたくないので、ミドリーヌは「キャベツとシラスとからすみのペペロンチーノ」に致しましたが、からすみの独特の香りが鼻腔をくすぐり超美味でございました!

ああ、また食べたくなっちゃった。今日のお昼に作ろうっと!

カテゴリー: フォト日記 | 5件のコメント

「靴の衣替え」で見つけたものは

おはようございます!

このところの数日は10度台の気温が続いていましたが、今日は久しぶりに20どをこえるようです。

さて、先日「靴の衣替え」の時に”意外なもの”を発見したことを書きましたが覚えていて下さっていますか?
今日はその”意外な物”の正体を明かしたいと思います。なんかすごく大げさですが、実はそんなにたいしたものじゃないんです。

その正体はGUCCIの靴だったのです。それも、ヒールやパンプスではなくスポーツシューズなんです。
これは、10年以上前にスペインのマドリッドで買って来たもの。
それを下駄箱の中にしまい込んでいたのです。
「スポーツシューズならみどりさんはよく履くでしょうに」と思われると思うのですが、2つの理由からあまり履かなかったのです。
その理由の一つは、いつもの「高いので汚れたらもったいない」ということで、もう一つは機能性よりもデザイン性を重視しているのでしょうか、あまり歩きやすくないということです。

こんな理由で1回しか履かずに眠らせておいたのです。(袋に入れて)
ですから、先日発見した時も「誰かにあげようか、あるいは捨ててしまおうかな」と思ったのですが、その前にと思って一応ネットで調べてみたら同じような靴がなんと10万円くらいしていたのです!!(私は海外で買ったのでそんなに高くはなかったと思うのですが・・・)
それを知ってこりゃもうあげたり捨てたりするわけにはいかないっしょ?
せっせと履くことに致します。
と言いながら未だに1回も履いていませーん。笑

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

ガス抜き

おはようございます!

日本語教育能力検定試験まであと1週間。
昨日も勉強であたまがもうパンパンだったので夜はちょっとガス抜きをして来ました。

カラオケルームで1時間歌いまくり、その後はしゃぶしゃぶを食べまくりました。笑。
でも、アルコールはハイボールを1杯半だけにしたんです。
実は先週の試験の打ち上げで、ハイボールを2杯半飲んだら翌日はちょっと辛かったからなんです。
この時期そんなことで、時間を潰してしまったら大変なので自重自重です。
では、今日も集中しまーす!

カテゴリー: フォト日記 | 5件のコメント

真似して作ってみました2種

おはようございます!

昨日は一日中冷たい雨がシトシトと降り続きましたが、今朝は雲混じりではありますが青空が見えています。

さて、皆様はBSフジで朝7:30~8:00まで「植野食堂」という番組が放送されているのをご存知ですか?
この番組は、雑誌「dancyu」編集長・植野広生氏が、毎日食べたくなるような”ふつうで美味しい”料理をお店に教えてもらい、「植野食堂」のお品書きに加えていくというもの。
その番組で紹介していた2種の料理を真似て作ってみました。

1つは神田神保町にある老舗喫茶店「さぼうる」のスバゲッティナポリン。もう1つは青山表参道のこちらも老舗の小料理店「ぼこい」のポテトサラダ。
そう、どちらもいわゆる私たちが普通に作る料理です。
しかも、両方とも私が好きでしょっちゅう作る料理なのです。

まず、ナポリタンですが、こちらはいわゆる「昔ながらの喫茶店のナポリタン」なので、麺が柔らかく過ぎて私にはダメでした。
私はやっぱり「みどりーぬ」のアルデンテのナポリタンの方が好きで―す!

でも、「ぼこい」のポテサラはとても美味しかったです。
特徴はジャガイモをゆでるというより味をつけて煮るという感じなのです。
宜しかったら皆様も是非お試しください。
https://www.bsfuji.tv/ueno_shokudo/recipe/ep201005-201009/thu.html

カテゴリー: フォト日記 | 8件のコメント

領収書が届きました

おはようございます!

昨日からまたパソコンの不具合が発生して暫くブログは書けないかと思っていましたが、荒療治で何とか使えるようになりました。
でも、このことでものすごいストレスを受けるので試験が終わったら修理に出そうと思っています。

さて、先日は「小さな命の意味を考える会」からのお礼のメッセージが届いたことをご報告いたしましたが、今日は2つの団体から受領書が届きましたので報告させて頂きます。

1つは福島の被災者親子を神奈川に招ききれいな空気の元でリフレッシュしたり、色々な悩み事などの相談に乗る「リフレッシュ@かながわ」からです。
もう1つは、昨年の台風で甚大な被害を受け、私も倒木の後片付け等のボランティアに伺った千葉の「かにた婦人の村」からです。
「コンサートのチケット代を義援金に」とお申し出くださいました皆様に改めて心から感謝申し上げます。

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

試験無事終了!

おはようございます!そして、ちょっとだけご無沙汰致しました。

またこのブログへ訪れて頂きまして有難うございます!

昨日で今週の3日間の試験は無事に終了致しました。皆様の応援の声が届きお陰様で全てAで合格でした。
今回の科目は「語彙・形態・意味」「日本語教育文法」「評価とICT」という3科目でしたが、もっとも難しかったのは「日本語教育文法」でした。
「おっかしいなあ~、私は数学はからっきしダメな子だけど国語だけは得意だったんだけどなあ~」
そうなんです!
ちょっとだけ自慢してもいいですか?
実は高校に入学して間もなく「実力テスト」というのがあったのですが、国語は98点で400人中1番だったんでーす。
それ以来私は「ほかの科目はダメでも国語なら大丈夫!」を支えに生きて来たのに、それが今回もろくも崩れ去ってしまいました。ガガーン!
私たちが普通に習ういわゆる「国語文法」と今習っている文法である「日本語文法」はいろいろ違うので早く切り替え、「日本語文法」に慣れて行かなければならないと強く思わされました。

「さて、これで一段落しばしのんびり」と言いたいところですが、25日には最大の難関である「日本語教育能力検定試験」がどーんと控えているのでございます。
また人参を目の前にぶら下げながら頑張りまーす!!

カテゴリー: フォト日記 | 7件のコメント

4日間お休みさせて頂きます

おはようございます。

12,14,15日に日本語教師養成校の試験があるため14日まで4日間このブログをお休みさせて頂きます。

では、16日(金)の朝にまたお目にかかりましょう!

再見!

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

「故郷の味」作ってみました

おはようございます!

台風の影響も無くなり久しぶりに雨のない朝を迎えました。

さて、皆さまの「故郷の味」と言ったら何ですか?
私は山形県の出身ですが、私no
「故郷の味」は「芋煮会」「ずんだ団子」「玉こんにゃく」「小茄子漬け」「おみ漬け」「しなべきゅうり」そして、「ダシ」かな?
でも、「芋煮会」や「ずんだ」「ダシ」などは今や全国的に有名になって来て嬉しい限りです。

この全国的になったものの一つ「ダシ」を作ってみました。
最近はスーパーなどで出来上がったものが売られていますが、昔はどこの家庭でも普通に作っていたんですよ!
だって、ただ野菜を細かく切って混ぜ合わせるだけなんですもの。
それを納豆のようにご飯にかけて食べれば他におかずは要らないという感じなので、貧乏な我が家には有り難い存在でした。

使う野菜はキュウリ・ナス・ミョウガ・ネギ・大葉などで、そこにあれば納豆昆布と呼ばれるものを入れればいいですが、無ければ野菜だけでもさっぱりして美味しいですよ。
今回は「納豆昆布」がありましたので入れてみました。でも、大葉もミョウガもなかったので野菜はキュウリとナスとネギだけでしたけどね。

ダシを食べて思い出したのは「ふるさと」いうより、苦労していた頃の父や母のことを思い出しました。

カテゴリー: フォト日記 | 4件のコメント

ストップ・ザ・自転車傘差し運転

おはようございます!

台風の影響でここ湘南も3日間ほぼ終日雨が降り続いていますが、その雨のために私は危うくけがをするような場面に遭遇したのです。

昨日の午前中は小雨くらいな感じだったので私はランニングに出ました。
我が家を出て柏尾川健康ロードに出るには住宅街の細い道を通るのですが、その路地から1台の自転車が飛び出してきたのです。
私は「危ない!」と身をかわしましたし、一方の自転車の人もハンドルを切って何とか私にぶつからずに済んだのですが、その人は傘差し運転をしていたので、片手でうまくハンドル操作ができず、よろよろと左側にそれて、駐車していた車にぶつかりそうになったのです。
「あ、車にぶつかる!」と思ったのですが、その寸前で足をついて何とか自転車を止めたのです。ああよかった!
私は「大丈夫ですか?」と声をかけたのですがその人は何も答えませんでした。
とにかく、その人も私も怪我がなく、車にも傷をつけなくてホッとしましたが、その人の行動には実はいろいろ問題があるのです。

まず、路地で一旦停止しないで飛び出したこと、私じゃなくて車だったらその人は大けがをしていたはずです。
そして雨の日に傘を差して自転車に乗ることは道路交通法と都道府県条例で禁止されているのです。
実は、その方はお歳は80代と思われる人でした。普通でさえ反射神経が鈍くなっているはずですから、ご自分の為にも、今後は傘差し運転は絶対にやめて頂きたいと切に願っています。
昨日、それを言ってあげたほうが良かったのでしょうか。

カテゴリー: フォト日記 | 6件のコメント

「小さな命の意味を考える会」からお礼のメッセージが届きました

おはようございます。
先日、「鎮魂と希望」の義援金をお送りした 「小さな命の意味を考える会」代表の佐藤敏郎さんからお礼のメッセージと写真が送られてまいりましたのでご紹介させて頂きます。

この度は心を寄せていただき、ありがとうございます。
会の活動費として大切に使わせていただきます。

全世界がコロナ禍に見舞われる中、大川伝承の会の定期ガイドも1月を最後に、開催を見合わせています。
大川小学校は4月から現在震災遺構としての整備工事が行われていて、見学できる範囲もだいぶ制限されているのですが、コロナの影響でなかなか足を運べない時期とちょうど重なっていて、不思議です。きっと、子どもたちが日程を調整してくれているのだと思います。

ですから、大切にこの時間を使おうと考え、動画の編集をしたり、伝承内容を吟味したり、10年の積み重ねを確認することができました。オンラインによるガイドにも取り組み、いつもは参加できない遠隔地の方や、忙しい方を案内することができました。
最近はだいぶ来訪者が増え、ガイドする機会も多くなりました。10月25日の伝承の会定期ガイドは実施する予定です。
整備工事も2月までに、ほぼ終わることになっています。

間もなくあの日から10年を迎えます。
まだ、長い夢を見ているように思うこともありますが、瓦礫に埋もれた場所に道路ができ、家が建ちました。海はあの日以来ずっと穏やかです。ふと気づくと時は流れ、あの時、何も見えなかった未来に私たちはいます。
いろんな出来事がありましたが、ほんとうに多くの皆様と交流し、支えられてきたことを改めて思います。少しずつでもお返しをしていかなければと考えています。
そして、それを子どもたちも見ていることでしょう。

これから寒い季節になります。ご健康に留意され、ご活躍ください。
本当にありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

          小さな命の意味を考える会代表
          大川伝承の会 共同代表        佐藤敏郎

・写真は10月2日の写真です。
 以前、交流会館があった場所に管理棟が建ち、校門は元の場所に戻されています。

カテゴリー: フォト日記 | 10件のコメント