『草枕』

おはようございます。

今日は1週間ぶりに「きぼう」が見られる日になっていたので、5時半に起きて「見え始め」の時刻である5:44から3分間南東の空を見上げ続けましたが残念ながら見ること能わずでございます。ガックシ
でも、これからしばらく見られる日が続きますので「希望」を持ち続けたいと思っています。
https://lookup.kibo.space/observation/tokyo/?t=-1&s=1613510850000

さて、昨夜テレビで「神様のカルテ」を見ていたら、島崎藤村の「夜明け前」や夏目漱石の「草枕」の1節が出て来ました。
それを聞いていてやはり名作というものには名言があるものだと改めて思ったのでした。
そこで、漱石先生には申し訳ないのですが、この作品の書き出し部分の長い文章から特に私の琴線に触れた部分を抜粋させて頂きました。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。(中略)

越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。(中略)

 世に住むこと二十年にして、住むに甲斐ある世と知った。二十五年にして明暗は表裏のごとく、日のあたる所にはきっと影がさすと悟った。三十の今日はこう思うている。――喜びの深きとき憂いいよいよ深く、楽しみの大いなるほど苦しみも大きい。これを切り放そうとすると身が持てぬ。片かたづけようとすれば世が立たぬ。

以上が私の心に響いた部分ですが皆さまは如何でしょうか?

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

『草枕』 への14件のコメント

  1. ジーコ より:

    みどりさん おはようございます。
    3月9日~11日予定を空けておきます。
    今日はこれから、高畠の協力会社へ行きます。
    今回の地震の影響が少なかったとの連絡が有り
    打ち合わせに行きます。
    まだまだ、仕事が減りません。
    お互い、身体大事に頑張ろ~

    • GreenVoice より:

      ジーコさんおはようございます!9~11日の件有難うございます。高畠というと山形ですね。我が故郷の仕事どうぞ宜しくお願い致します。仕事が減らないということは素晴らしいことだと思います。

  2. みこ より:

    おはよう
    今朝はとても気持ちの良い朝です。
    昨日のドラマで、私に響いた言葉は
    明けない夜は無い、
    止まない雨は無い。
    そして
    病むということは、とても孤独
    と言う言葉でしたね〜。

    • GreenVoice より:

      みこちゃんおはよう!「明けない夜はない」は最近しょっちゅう聴くので私にはちょっと使い古された感があったのです。紹介した『草枕』の中でも現在のコロナ禍の状況では「越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。」が一番響く言葉だと思います。

  3. あっきー53 より:

    みどりさん
       今日は!
    最近のドラマはあまり見ていませんので
    皆さんの話題には付いて行けませんが・・
    とに角情報量が多すぎて余計に拒否反応を起こしています・笑
    一日一日が楽しく過ごせるように生きたいものです!!
    根はのんびり屋なので・・はい!!

    • GreenVoice より:

      あっきーさん今晩は!今日書いた言葉は「情に竿させば~知働けば角が立つ」しかドラマでは使われていなかったんですが、その後は私が『草枕』を調べて書きました。。『草枕』は「のんびりズム」のあっきーさんにはピッタリの本だと思います。

  4. エンチャン より:

    みどりさん 今晩は。
    TVドラマは殆ど見ていませんので当然「神様のカルテ」も見ていません。
    「智に働けば角が立つ。~~~」は良く聞く言葉ですね。

    • GreenVoice より:

      エンチャン今晩は!ドラマはきっかけに書いただけで、私が言いたかったのは。私が調べた草枕の言葉なんです。(ドラマでは出ていませんでしたよ)一番言いたかったのはこの文章が伝えたかったのは「この世はとかく住みにくいけれどその中でもいかに寛げて過ごせるかは自分自身で工夫すべきだ」ということなんでーす。

  5. 優美子 より:

    工夫って大事ですよね。
    なんとかこんなコロナのご時世でもきぼうを
    見ているみどりさんは素敵です。

    • GreenVoice より:

      ゆみちゃんおはようございます。『草枕』の漱石先生の言葉を読んで改めて「住みにくい世ならいかに自分自身がそれに順応していくか、そしてそんな世でもくつろげるようにするか」を考えることが大事だということがわかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>