やっぱり人気のフェルメール

おはようございます!

今週もあっという間にもう土曜日です。今週は美術館巡り3連ちゃんでしたが、昨日はその最終日「フェルメール展」でした。
この展覧会はあらかじめ大混雑が予想されたので日時予約システムが取られたのです。
私と姉は昨日の13時からの回に予約してあったので12:45頃に上野の森美術館にいきました。すると、美術館の前には長~い行列が!それは、当日販売のチケットを買うための列だろうと思ったら、なんと13時からの人だというのです。「え~、ちゃんと予約してても並ぶの?」とビックリ!13時からの回の人は14:30までに入場すればいいというので、ならば!と一昨日行った西洋美術館に行っちゃいました。私は見ましたが、姉は行っていないので。

本当は「ルーベンス展」を見せてあげたかったのですが、さすがにそこまでは時間がないと思ったので、常設展だけにしました。
慶應の学生はパートナーシップを組んでいるので、常設展はいつでも無料で入れるのです。ラッキー(^_-)-☆
昨日は中学生らしきグループが鑑賞に来ていましたが、学芸員さんがちゃんと説明をしてくれていましたよ。常設展はそういうこともできるのですね!

そしていよいよ、フェルメール展に突入です。中は物凄い混雑でまさに「突入」という言葉がぴったりなんです。「予約制なのに・・・」と思いましたが、沢山の人を予約制で入れているのでしょうね。
フェルメールの作品は小さいものが多いので前で観たいのですが、二重三重の人垣でとてもとても前になんか行けないのです。
それだけでちょっと気分が下がってしまいました。
特にメインの「牛乳を注ぐ女」の前は大混雑、それなのに一番前のど真ん中で観ている人が10分近くも動かないのです。
それはやはりマナー違反ではないかと思いましたねぇ~。
ということで、一昨日のルーベンス展のような感動を味わうことは私はできませんでした。残念。

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

やっぱり人気のフェルメール への4件のコメント

  1. みこ より:

    おはよう
    昨日は
    芸術の秋と食欲の秋を
    堪能させていただき
    あいがとうございました
    フェルメールの牛乳を注ぐ女は
    素晴らしかったです。
    西洋美術館の方も
    有名な画家の絵が沢山あって
    みどりさんのガイド付きで
    楽しむ事が出来ました
    実は私も無料でした
    さてどうしてでしょうか(笑い)

    • GreenVoice より:

      みこちゃんおはよう!≪牛乳を注ぐ女≫光と影を描くフェルメールの特徴がよくわかる作品でしたね!西洋美術館はやっぱりさらっとでもいいからルーベンスに連れて行くべきだったと後悔しています。フェルメールとはまた違う意味で素晴らしさを味わえたと思います。こっちはみこちゃんも無料じゃないけどね!笑。

  2. エンチャン より:

    みどりさん 今晩は。
    フェルメール展は残念でしたね。
    入場は予約制ですが退場は時間制でないから会場内に人がどんどんたまってしまいのですね。
    時間帯を考えて再度挑戦して下さい。

    • GreenVoice より:

      エンチャン今晩は!むしろ時間帯はエンチャンがいらした午前中の方が良かったみたいですね!1月に≪取り持ち女≫が加わりますからそれ以降に行くか、あるいは2月~3月まで開催される大阪展に行くかを考えていまーす!

エンチャン にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>