芸術の秋堪能

おはようございます!

 久しぶりのまとまった雨です。空気が乾燥していたのでまさに恵みの雨ですね!
11月も残すところあと1週間ですし、このところの気候を見ると晩秋というよりもう初冬という感じですので、昨日は秋の締めくくりとして美術館を2つ回って「芸術の秋」を堪能してまいりました。

 1か所目は東京駅そばにある三菱1号館美術館での「ロートレックとアートになった版画とポスター展」ロートレックの絵はとても馴染みやすくパッと見ただけで「あ、ロートレック!」ってわかりますよね!撮影OKの部屋はまるでパリの街角でポスターをながめているような感じに作られていて思わず「ボンジュール」って言ってしまいそうでした。
1月18日まで開催されていますので、是非いらしてみてください。お薦めです。

 そして、2か所目は上野の国立西洋美術館で開催されている「北斎とジャポニスム」
19世紀後半に西洋の人々を魅了した日本の芸術で、最も注目されたのが北斎で、その影響は、モネやドガなど印象派の画家をはじめ、欧米の全域にわたり、絵画、彫刻や装飾工芸などあらゆる分野におよんだと言います。ここには、国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンを含む西洋の名作、北斎の錦絵、版本とが比較しながら展示されています。「え、あれもこれも北斎の影響なのね?」と驚きの連続で見ごたえバッチリ!
北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能しながら、西洋の芸術家の眼を通して、北斎の新たな魅力も感じることができますよ!こちらもチョーお薦めでーす!1月28日まで開催していまーす!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

芸術の秋堪能 への4件のコメント

  1. エンチャン より:

    みどりさん 今晩は。
    芸術の秋は堪能されたようですが食欲の秋は物足りなかったのではないでしょうか?
    西洋の名作と北斎の錦絵、版本とが比較しながら展示されているのは興味がわきますね。

    • GreenVoice より:

      エンチャンおはようございます!昨夜は早くに寝てしまいまして返信が遅くなりました。北斎展の方は男性も多かったです。見ごたえありますから、是非お出かけくださいませ。

  2. みこ より:

    こんばんは
    今日は忙しくて
    こんな時間になってしまってごめんね。
    ロートレックは面白そうですね。
    なかなか一人では行けません(≧∇≦)
    でも草間彌生は行きました。
    とても疲れた
    今度は誘って下さいねー

    • GreenVoice より:

      みこちゃんおはよう!私は昨日は暇だったので早く寝てしまいました。12月の歌の練習の前に美術館に行きましょうか?私は上野の「ゴッホ展」か六本木の「安藤忠雄建築展」に行きたいのですが、どちらがいい?やっぱ、ゴッホでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>