「ないない事件」再び勃発

おはようございます!
 
 ♪~おいで皆さん聞いとくれ 
私はまた「ないない事件」をやっちまったのです。
その事件は昨日三田図書館からの帰りに勃発しました。
帰りの電車で読んでいた本が、駅の改札口を出てふと気づいたら手にないのです。
「あれ?いつの間に消えたんだろう?」と不思議に思いましたが、「きっと電車を降りる時にリュックに入れたんだわ」とそのまま家に帰りました。ところが、リュックを空けてビックリないない!
いやーどないしよう。でも、どうして消えたんだろう?
と言うことで、事件を振り返ってみました。

電車の中で本を読んでいた→下車する際網棚からリュックを下ろす時には本をベルトに挟んだ→改札を出た時にない事に気づいた

これで皆さんはどう推理されますか?

そうですよね、!「ベルトに挟んだ時にそれをどこかで落とした」ですよね?
でも、落ちたら音もするでしょうし足にぶつかるんじゃないですか?
それが全くなかったんですよ。もうあきらめて、弁償しようと思いました。
でも、ふと閃いたのです。「音がしなかったと言うのは電車を降りる時に電車とホームの間から線路に落ちたのかもしれない」と。
そこで慌てて駅に飛んで行きました。ちょうど電車が止まっていたので「この電車がいなくなったら線路を覗こう」と思っていたらなんとその傍の柱の陰に本があるじゃありませんか!あ、あったーーー!きっと、ホームに落としたのを誰かが拾ってくれてそこに置いておいてくれたんですね!
これで「ないない事件」は無事解決!どこのどなたかわかりませんが本当に有難うございました!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

「ないない事件」再び勃発 への8件のコメント

  1. みこ より:

    こんにちは
    私もそうですけれど
    最近ないない事件が
    多発していませんか?
    お互いに気をつけましょうね〜o(^_-)O

    • GreenVoice より:

      みこちゃん今日は!東野圭吾さんに推理小説「ないない事件簿」を書いて頂こうかしら?ってくらいあるわ。これの前にもう一つ大事なシャネルのイヤリングないない事件があったの。それも奇跡的に見つかったけどね。笑。

  2. エンチャン より:

    みどりさん 今晩は。
    またまたまたまた「ないない事件」ですね。
    イヤリングよりも「玄関の鍵落とし事件」の方が重大でしたね。
    最近、私もやってしまいます。
    ??のせいでしょうか?

    • GreenVoice より:

      エンチャン今晩は!鍵の時も今回も忘れたわけではなく落としたので??のせいではないと思っていまーす。(強がり?)笑。それにしてもベルトに挟んでいたものがスルリと落ちるなんて・・・・。そうですね。今回の本は500円イヤリングなら3万くらいで済みますが、鍵だと4,5万はかかったらしいですし、その日に外出が待ち受けていたので重大でした(*_*;

  3. Pチャン より:

    Hello~みどり塾長(^-^)

    まだまだ捨てたものじゃないですよ!日本も。

    私も先日駅ナカのアトレ内てカードケース兼コインケース(時価60000)を落としましたが

    幸いにも、きちんと防災センターに届いてましたから(^。^;)

    自分も拾ったら、きちんと届けてあげようって思う次第です。
    当然ですがね(^。^;)

    • GreenVoice より:

      Pちゃん今晩は!そういう点は日本は本当に素晴らしい国ですよね!それにしてもPちゃんはなんと高級なカードケース兼コインケースを使っているのでしょうか!60000ってどのブランド?私のヴィトンでさえ30000くらいなのに。

      • Pチャン より:

        おはようございます♪
        塾長!!
        Italyのバレクストラって言うところのです。
        カード、免許証も入っていたので、1日助手席でお仕事してました(笑)

        • GreenVoice より:

          Pちゃんおはよう!私はあまりブランドを知らなくて・・・・。来年イタリアに行ったら見てみまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>