「計画停電」の経験

昨夜、私にとっては初めての「計画停電」を経験しました。

私の住まいは第5グループに入っていて、これまでにも何回か「計画停電」があったのですが、運よくその時間帯は家にいなかったし、他の場所にいるときもその時間帯じゃなかったらしく、その経験がなかったのです。

しかし、昨日はいろいろな予定がキャンセルとなり、第5グループの「計画停電」の時間帯である、18:20~22:00は在宅することになったのです。家には懐中電灯がなく(あったはずなのに、引越しでどこかにしまったまま?)あるのは、食卓用のキャンドルだけ。でも、全く動じる事もなく、その時間帯までに食事の準備をして、後は食べるだけにしてその時間を待ちました。

18:20・・・でも灯りはついたまま。それから5分・・まだ点いたまま・・・突然切れると困るので2分前から点けていたキャンドルの火も消しました。ところがそれから間もなく突然!消えた!!携帯電話の灯りでキャンドルに再び点火。キャンドルライトのほの暗い中で食事を続けました。でもそのあとは、なにもできず、結局ベッドに横になることに。

一般家庭でこうなのですから、社会全体で考えたら。どれだけ経済が落ち込むか・・・

でも普段あまり電気のありがたさを感じていない人々にとってはいい経験かもしれません。ちなみに私の普段からの節電の徹底ぶりはすごいものですよ!もちろん冷暖房は使いませーん!!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

「計画停電」の経験 への2件のコメント

  1. 仏子 ふみえ より:

     地震/津波/原発/停電/と日本全国不安が広がっています、
      お父さんの兄も一関にいますが、2日後に確認とれました、
       それとお父さんの元会社が南相馬/小高/相馬/に
       あり従業員仲間の被害で心配です、
      みどりさんも東北出身ですね、いかがですか、
      東北地区に身内/知人のいらしゃる方、案じます、

        原発事故注視していた方が良いとおもいます、
       

       

    • GreenVoice より:

      ふみえさん!
      久しぶりの書き込みありがとうございます!
      入間も計画停電が実施されましたか?
      私の山形の親戚はお蔭様で皆無事でした。
      原発を得なくなったのも我々のせいで、今その原発の恐怖に我々がさらされているのですね。今一度根本から考えなくてはならないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>