ほほえましい光景❤


おはようございます。

3連休が終わって今日から又お仕事の皆様!お休み疲れではありませんか?
関東はちょうど紅葉の季節で紅葉狩りにいらした方も多かったことでしょう。
さあ、今日から頑張って行きまーっしょい!!

さて、「平敦盛」リポート第3弾は又明日お届けすることにして今日は昨日の老人ホームの
歌のボランティアリポートをさせて頂きますね!

昨日は14曲を皆さんと歌いました。毎回「今日はこんなことがあったよ!」と皆さんの
印象に残るような何かを入れることにしていますが、昨日はそれが盛り沢山でした!
毎回大船教会のご婦人たちと伺っているボランティアですが昨日は休日だったのでお子さんや
男性も参加して下さったので活躍してもらいました!!
子供たちには「肩たたき」をおばあちゃまたちの肩を叩きながら歌ってもらいましたし、「さんぽ」
と「線路は続くよどこまでも」は前に出て歌ってもらったの。
皆さん大喜びでとてもほほえましかったです。
又男性陣には「煌めく星座」と「赤城の子守唄」を前に出て歌ってもらったのです。
又「冬の星座」という歌があったので予め誕生日別星座を調べて行き、皆さんに
「お誕生時日はいつですか?」と伺いそれぞれの星座をお教えしました!!
それからそれから私は「待ちぼうけ」の元になったお話を山形弁で語ったり、「敦盛」の一節を
語ったりと大サービス(?)しちゃいましたぁ~~

昨日もまた笑顔いっぱいの「楽しかった!又来てね!」の声に送られて帰って参りました!!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

ほほえましい光景❤ への10件のコメント

  1. エンチャン より:

    みどりさん お早うございます。
    いつもどこでも色々考えて皆様に楽しんでいただいていますね。
    アイデア豊富ですね。
    ところで歌う曲は誰が決めているのですか?
    ホームの方、ボランティアの方、みどりさん?

    • GreenVoice より:

      エンチャン!はい、私も頭を使わないとなまっちゃいますからね!
      そうそう昨日は「待ちぼうけ」の歌の元となったお話をずうずう弁で語ったことを入れるのを忘れました!急いで書き加えます。笑。歌は私たちボランティア皆で決めていまーす♪

      • エンチャン より:

        今度「通りゃんせ」の歌を歌う時が有ったら「この歌の舞台となった神社は諸説ありますが、一説には小田原市にある菅原神社とも言われています。境内には歌詞を刻んだ発祥の碑が有ります。」と説明して下さい。

        • GreenVoice より:

          エンチャン今晩は!そうなんですね!そう言えば昔その話を伺ったような記憶があります。ありがとうございます!

  2. ハンちゃん より:

    みどりさんこんにちは!
    みどりさんのアイデアは
    途切れることない
    伏流水のようですね!
    伏流水は清らかな水が
    次から次へと湧き出てきますね
    例えば
    忍野八海や白糸の滝などは
    富士山の伏流水です!
    これからも伏流水の中を泳ぐ
    回遊魚のように
    絶え間ない清らかなアイデアで
    皆さんを楽しませて下さい。

    • GreenVoice より:

      ハンチャン今日は!私の芸名「高瀬」も京都の町の中を流れているのもかかわらず清らかな流れである高瀬川から取られたものなんです。これからも「清く・正しく・美しく」をもっとうに生きて参ります。写真は役立ちましたk?

  3. あきつの爺 より:

    リポート第3弾が出る前に、アルバムがアップできました。
    金屏風の反射と回遊魚(毎度のこと!?)の動きを捉えるのに苦戦
    雰囲気を出したいので、ブレとピントが甘いのは我慢してください。
    アルバムを見たい方は、 “akatombo08” で検索してください。
     (枚数が多いので、ご覧になる方は早送りでご覧ください。)

    • GreenVoice より:

      あきつの爺さんおはようございます!
      アルバムありがとうございました。今回も参加費をお安くするための「家内工業」のご協力頂き、卓札、席札の作成、カメラマン、アルバム編集委員までお努め頂きありがとうございます!私のお手伝いで爺さんも年取る暇がないねぇ~~!笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>