「平敦盛~涙の名笛~」リポート第1弾!


おはようございます!

昨日、無事に「平敦盛~涙の名笛~」が終わりました!
お越しくださいました皆様本当にありがとうございました。

敦盛は2回目の公演でしたが、1回目とは随分違う構成にしましたので、2回目の方にも十分に
愉しんでいただけかと思います。
今回は前回よりも「語り」の部分を「歌」に変えたり「芝居」に変えたりとまさに
「ミュージ語りすと」の本領を発揮できたかと思っています。そんな私の思いを和楽器奏者の
二人も良く理解してくれ的確な演奏を入れてくれました。さらに全ての流れをドラマティックに
表現して下さったのが踊りの千花先生でした!
昨日は4人の心が一つになって”ドラマティックミュージ語る”「平敦盛」が出来上がりました。
公演の40分間を今思い出せないくらいなんです。
つまりこの40分間、私は”高瀬みどり”ではなく、敦盛であり熊谷直実だったのかもしれません。
やはり先月、この舞台となった須磨浦を訪ねて本当に良かったと思います。
今日はまず第1弾の写真をアップさせて頂きます!

カテゴリー: フォト日記   パーマリンク

「平敦盛~涙の名笛~」リポート第1弾! への9件のコメント

  1. みこ より:

    おはようー
    そしてお疲れ様^_^
    昨日のみどりは
    身内でなんですが
    本当に頑張ったと思います。
    偉いねー\(^o^)/
    私にも綺麗なドレス有難う(^_−)−☆
    皆様有難うございました

    • GreenVoice より:

      みこちゃんおはよう!そしてお疲れ様!お義兄さんにもテーブル札や席札を作って頂き感謝です。「素晴らしき仲間」の皆さんは勿論の事私は「素晴らしき身内」にも支えてもらって活動ができるのだと心から有難く思っています!でも昨日は本当に敦盛さんが降りてきたように思いまーす!

  2. エンチャン より:

    みどりさん 今日は。
    昨日は本当にお疲れ様でした。
    そしてみこ姉さんもお疲れ様でした。
    みどりさんは歌も良いですがやはり喋りが一番ですね。
    妙本寺の時とは雰囲気も違っていましたがしっくりと落ち着いて情感あふれた感じでした。
    100回も練習した結果でしょう。
    あれで8、000円とは安いですね。

    • GreenVoice より:

      エンチャン!昨日はご夫妻そろってお出かけ頂きありがとうございました!
      100回練習の成果かホントは本無しでも全部暗記したのでございます。でも昔なら10回で暗記できたのになあ~(@_@;)昨日の演技は本当に今はどんなふうにやったか思い出せないくらいなの。敦盛さんがしゃべらせていたのかも?8000円は絶対にお安いです。だってだ目白クラブのダンス会はショー無しで昨日と同じ食事で1万円もするのよ!なんでだろう???私は儲けなくてもいいので「お客様にはお安く良いものを!」がもっとうなんでーす。笑

  3. ハンちゃん より:

    みどりさんこんにちは~!
    今、静岡の温泉に来ています。
    温泉から出て、今からちょっと遅い昼食です。

    昨日はお疲れ様でした。
    正直昨日は、良いとか悪いとか
    わかりません。
    必死でした!
    しかし、とっても良い経験ができました。
    ありがとうございました!
    また、次回も宜しくお願いします!m(_ _)m

    • GreenVoice より:

      ハンチャン!昨日は八面六臂のご活躍ありがとうございました。でもお蔭で私の渾身の演技がわかっていただけなかったのですね!それは残念な結果となってしまいました。すみません。次回からは楽しんで頂けるようにもう少し考えますね!これに懲りずに次回もいらして下さいませ!

      • ハンちゃん より:

        いやいやいやいや!
        そんなんではなく
        みどりさんが喜んでくれることが
        ハンちゃんの喜びですから!
        これからも頑張ります!(^o^)

  4. ハンちゃん より:

    素晴らしいディナーショーでしたよ!
    当たり前ですよ!
    必死にお手伝いできたので
    一番の充実感です!
    だからこそ一字一句
    理解できず
    進行に必死だったのです!
    会場の臨場感
    お客様の雰囲気は
    一番感じています!
    自分の中で内容までは
    理解できなかったって
    ことです!

    • GreenVoice より:

      ハンチャンおはようございます。本当にありがとうございます!
      「敦盛」は平家物語の中でも一番好きという方が多い巻ですので、
      内容をわかって頂くために今度ハンチャンの為だけの「読み聞かせ」をしましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>